実戦的なマーケティングのコンサルティング・研修・セミナーはストラテジー&タクティクスへ

ストラテジー&タクティクスの
公開セミナー


ストラテジー&タクティクスでは、頻繁にではございませんが、公開セミナーを行っております。その都度ご連絡いたします。

現在の予定

「プロフェッショナル」のためのマーケティングセミナー 

2017年9月2日(土)〜3日(日)

士業・コンサルタント・専門職の方だけが対象の、
2日間・16名限定の少人数制・超実戦的戦略セミナー

 

●セミナー詳細

2017年9月2日(土)〜3日(日)
場所:東京・市ヶ谷
価格:103,000円(税込) 

1日目 13:00 〜 19:00ごろ+懇親会(実費)
2日目  9:30 〜 16:30ごろ


遠方からでもお越しいただきやすいように、この時間にしています。

自分の「スキル」一本で生きて行きたい方、将来的な独立を考えていらっしゃる方に特化したセミナーです。

「プロフェッショナルとしての生き方」を一緒に考えて見ませんか?

2日間かけて、プロフェッショナルとしてのマーケティング戦略・戦術(具体的には戦略BASiCS→マインドフロー)を突き詰めて考えていきます。


●お申し込み方法:メールにてお願いします

メールの件名を、

9月のプロフェッショナルセミナー申込

としていただき

・会社名
・役職・所属
・お名前(フリガナ)

は必須で、あとはできれば、

・セミナーへのリクエスト

をメールしてください。追って詳細をお知らせします。

お問い合わせ・お申し込みは
info@sandt.co.jp (半角でご入力ください)
までどうぞ

*反社会的な(と当社が判断した)団体・事業の方のご参加はお断りさせていただいています。

*最近、メールが届かないということが頻発しています。2営業日以内に弊社からの返信が届かない場合は、お手数ですが再度メールをいただきますよう、お願い申し上げます。


●プロフェッショナルに特化した、希少なマーケティングセミナー

「プロフェッショナルサービス」に特化して、マーケティング戦略・戦術を集中して考えていく2日間です。

某所で「プロフェッショナルとしての生き方」という講演をさせていただきました。そのときに色々なご意見をいただきました。

「独立開業のノウハウ」などは色々ありますが、プロフェッショナルのマーケティングについて、マーケティング戦略〜戦術までがきちんと体系化されている理論があまりない、ということに気づきました。


●「プロフェッショナル」としての生き方を貫くためにはマーケティングが必要

「プロフェッショナルとしての生き方」とは、「自分のスキルを売って生きていく生き方」と言えます。

「自分のしたいことを仕事に」という意味では、非常にやりがいのある職業です。

ラクかと言うと、ラクではありません(ラクな仕事なんか、このご時世ありません。あったとしたら、すぐ競合が参入してきます)。楽しいかというと、極めて楽しいです。

しかし、「プロフェッショナルとしてのスキルが高いこと」と、「お客様から依頼が来ること」とは、また違う話です。

多くの「プロフェッショナル」の方が、高いスキルを持ちながら、顧客獲得には苦労しています。

複数の弁護士さんを存じていますが、弁護士さんですら、「今は顧客獲得が厳しい」とおっしゃいます。


「スキル」を「稼ぎ」に変えなければ、プロフェッショナルは生きていけません。

スキルが高ければ「稼げるか」というとそうではありません。

超一流ホテルのシェフが独立してレストランを開いても、そのレストランが人気になるとは限りません。それよりも、愛想の良い女将さんがいる店の方が人気店になったりします。「スキル」と「稼ぎ」は別の話なのです。

プロフェッショナルとして生きていくためには、「スキルを稼ぎに変える能力」が必要なのです。

そしてそれこそがマーケティング戦略・戦術なのです。


●「職人」では食べていけない! 自分の経営戦略を考えよう!

プロフェッショナルは、ある意味で「職人」です。

そのプロフェッショナルが独立開業すると、自分が「経営者」の役割を果たすことになります。これは当たり前のことなのですが、プロフェッショナルが独立すると、「職人」としての意識が強く、「経営者」としての意識が薄れがちになってしまいます。

だからこそ、「何となく」ではなく「きちんと体系化」された経営戦略を考えないと、「職人としての自分」に引っ張られてしまうのです。


稼げる職人さんと稼げない職人さんの違いは、「スキルの高さ」というよりも、「自分が自分の経営者」として、自分自身の経営戦略・戦術を持っているか、なのです。

 

●プロフェッショナルに特化するからこそ、広く深い内容が2日間で!

「プロフェッショナル」に特化するからこそ、広くかつ深い内容が可能になります。

具体的に言うと、戦略BASiCS→マインドフローまでカバーされます。

通常は、戦略BASiCS集中セミナーで2日、マインドフローセミナーで1日、という最低でも計3日はかかる内容ですが、「プロフェッショナル」に特化することで2日間でできるようになります。

そして、2日間でBASiCS→マインドフローと進むからこそ、戦略→戦術までを一貫性をもって考えることができます。

プロフェッショナルに「特化」するからこそ、通常はできない2日間で「戦略」から「戦術」までをつなげることができるのです。これが、このセミナーをプロフェッショナル「限定」にしている1つの理由です。

 

●講師自らがプロフェッショナルとして生きてきたノウハウを大公開

講師自身も2006年に独立し、10年以上、「プロフェッショナル」として生きてきました。

その間に著書を10冊以上出し、未だに出版社さんからは依頼(と催促)が絶えません。累計数十万部を売り上げ、コンスタントに増刷を重ねる著者はそういないと思います。

そして、2万人の読者がいるメルマガを徒手空拳から、広告費ほぼゼロで作り上げました。有り難いことに、未だに読者数が増えています。

そして、誰もが知るような「超大企業」「超優良企業」からのコンサルティング依頼もいただきます。

自ら「プロフェッショナル」としての実績を出してきたからこそ語れるノウハウがあります。

 

●「マーケティイング」とググると、この会社が1位に!

講師自身が成果をだしているわかりやすい例が、Googleでマーケティングと検索すると、この会社のサイトがWikiをおさえてトップに来ます。確認している限り、この2年間はずっとそうなっています(上にあるサイトは、広告です)。

つまり、講師の会社(弊社)は「マーケティング」では、Googleでのサーチエンジン対策が最も成果をあげている会社なのです。どこの会社よりも、です。

そのような、コンテンツ作りのノウハウなども公開しますし、細かいご質問にも少人数制だからお答えできます。

 

●16名以下の少人数制です!

少人数で2日間ですから、講師とかなり密なコミュニケーションが取れます。個別の質問は、ぜひどしどしつぶけてください。

そして少人数制にしている理由がもう1つあります。それは「話す場」を作ることです。

考えるということは「言語化する」ことです。言語化されていないモヤモヤしたものは、考えたとは言えません。

そして「言語化」する方法には、2つしかありません。「書く」か「話すか」です。

「書く」ことは1人でもできますが、「話す」場というのは実は希少です。

戦略BASiCS2日間集中セミナーでも、ご参加者の方が口々におっしゃるのが「意識が高い方と話せて良かった、刺激になった」ということです。

同じような境遇の「同士」が集まると、その「場」には独特のエネルギーが満ちあふれます。

プロフェッショナルとして生きていくことの1つのポイントが、「自分の中でのハードルの高さ」を上げることです。「自律力」を高めるわけです。

しかしそれを自分1人でやるのは難しいです。

意識の高い方達と接することで、「みんなそこまで頑張っているんだ! 自分もやらないと!」と、「自分の中でのハードルを上げられる」のです。


●内容の一部(予定)

1)「プロフェッショナル」のための経営戦略:戦略BASiCS


○戦場をどう選ぶ?

・1人で生きるプロフェッショナルに「巨大な市場」は不要。絞りきった戦場で勝ち抜けば良い。では、戦場をどう絞るか?

○独自資源をどう蓄積するか?

プロフェッショナルで一番重要な独自資源は、「知識・経験・ノウハウ」という「スキル」と言ってよいでしょう。

スキルを速く習得する秘訣は?


○強みをどう作るか?

・「カゴメと言えばトマト。自分と言えば、○○」を作る

・強みは「組み合わせ」で考える

・強みは、絞らないと作れない。しかし1つに絞るのは危険。この矛盾をどう解決する?

・スキルは、顧客には見えず、説明しづらいもの。ではどうする?

 

2)「プロフェッショナル」のための増客戦略:マインドフロー


○プロフェッショナルサービスの「営業」は難しい。どうすれば良いのか?

「増客設計図」を作るポイントを大公開


○SEOの実戦的なコツ

「マーケティング」でググると、ウィキを越えて、弊社サイトが1位に!!

広告投資などができないからこそ、HPは必須です。

妙なSEOのテクニックなどは全く使わず、Googleでこれだけの位置を確保できるポイントは「○○○○○」。


○プロダクトフローをどう作るか?

スキルを売る商売では、「サンプル」などが作りにくいので、「あげる商品」が作りにくい……などということは全くありません。

「あげる商品」を作るポイントは?


3)「プロフェッショナル」としてのマーケティングに必要なこと

○戦略を具体的な計画に落とし込み、着実に実行していく方法とは?

○プロフェッショナルビジネスは「コンテンツビジネス」と考えよう

・コンテンツビジネスは、キャラクタービジネスから学ぼう

○本を出したい! でもどうすれば?

本を1冊出すことで、信用力は全く違います。不思議なことに、著書があると「先生」と呼ばれます。

本を簡単に出す方法はありません。しかし、確率を高める方法はあります。

○セミナーのコンテンツ構築方法

プロフェッショナルとして必要な方法の1つが「セミナー」です。集客のためのセミナーや、セミナー自身も商品になります。

問題は「どんなセミナーを開くか」です。

・独自資源から考えるセミナーコンテンツ
・メッセージから考えるセミナーコンテンツ

など、セミナーコンテンツを考える方法

 

4)「プロフェッショナル」に必須のスキル

○「書くスキル」はとにかく必要。ではどのように身につけていけばよいのか?

○「論理的整理力」も必須。しかしそれほど難しいものではない

○定期的な情報収集は、「読む」こと。読むべき新聞・雑誌も戦略で決まる!

 

 

●このセミナーの差別化ポイント

アタマの使い方にはコツがあります! そのアタマの使い方のコツに熟達した講師が、計算し、検証を重ねた進行メソッドです。

1)実際に実績をあげて検証された実戦的かつ体系的な方法論!

机上の空論ではなく、講師が実際に自ら成果をあげた方法です。例えば、「本を出す方法」を語る方はいらっしゃるかもしれませんが、では実際にその方がベストセラーを出しているか、さらにはそこから「プロフェッショナルとしてのビジネス」につなげていらっしゃる方はそういないでしょう。

また、「その人にしかできない方法」では意味がありません。他の方にも「応用が利く」ように普遍化・体系化された内容になっています。

理論性・実戦性・普遍性、という通常は両立しにくい内容を、高度な理論化能力を持ち、かつ自ら実戦して成果を出してきた講師だからこその「実戦的かつ体系的な方法論」です。

2)本で学ぶと数ヶ月以上かかる内容をたった12時間で!

このようなHPや書籍では、いわゆるフェース・トゥ・フェースのコミュニケーションとは密度において数倍の開きがあります。セミナーだと10秒で伝えられることが、書籍では1〜2ページになってしまいます。

セミナーでの1時間は、本1冊分以上の情報量に相当します。2日間で本10冊並の情報量です。また、書籍という媒体では、なかなか伝えにくい、出しにくい情報もあります。

3)アタマ・口・手をフル活用するから、戦略を具体化できる!

「わかる」と「できる」は全く違うことです。経営戦略などを1人で考えていると、詰まってしまうモノです。アタマを働かせるにはコツがあります。

それは、考えたら、文字に落とし込み、書きだし、口で話すことです。書くこと・話すことは「言語化する」という行為です。

「アタマの中にあるモノ」と「文章として書き出されたモノ」では、その具体性・明瞭性において雲泥の差があります。

「できる」と思っていても、実際に「言語化」してみると、書き出すことは非常に難しいのです。今回は、その作業を徹底的に行うことによって、自分のアタマの中を言語化し、整理できます。

その考え方は、講師がガイドし、ノウハウが詰まった「記入用シート」に記入しながら考えていくことになります。自分の考えを書き出したそのシートは、かけがえのない宝モノになるでしょう。

4)数十枚に渡るパワーポイントを持ち帰れるのでいつでも学び直せます!

セミナーの内容そのままの、数十枚のパワーポイントのスライドもそのままプレゼントします! 会社に戻って、いつでも思い出して、また考えることができます!

 

●想定ご受講者様

○税理士・弁護士・社労士・中小企業診断士などの士業の方
○コンサルタント業・セミナー講師の方
○先生業の方(英会話講師、ピアノ講師、ダンス講師、お茶・お花の先生、料理教室の講師、など)
○開業医、整体師、柔道整復師などの方
○写真館・カメラマン、自動車整備士などの専門職の方
○IT・技術者・エンジニアの方などで、自分のスキルを活かして働いていらっしゃる方
○上記の「プロフェッショナル」として独立志望の方

 

●お申し込み方法:メールにてお願いします

メールの件名を、

9月のプロフェッショナルセミナー申込

としていただき

・会社名
・役職・所属
・お名前(フリガナ)

は必須で、あとはできれば、

・セミナーへのリクエスト

をメールしてください。追って詳細をお知らせします。

お問い合わせ・お申し込みは
info@sandt.co.jp (半角でご入力ください)
までどうぞ

*反社会的な(と当社が判断した)団体・事業の方のご参加はお断りさせていただいています。

*最近、メールが届かないということが頻発しています。2営業日以内に弊社からの返信が届かない場合は、お手数ですが再度メールをいただきますよう、お願い申し上げます。

 


過去の実績*

*掲載できるオープン講座のみ掲載しています。

・2004年11月 SMBCコンサルティング マーケティング戦略・戦術
・2005年2月 マーケティング研究協会 マーケティング戦略・戦術
・2005年11月 SMBCコンサルティング マーケティング戦略・戦術
・2005年8月 マーケティング研究協会 マーケティング戦略・戦術
・2006年11月 大阪商工会議所 マーケティング戦略・戦術
・2006年11月 京都府山城区商工会 マーケティング戦略・戦術
・2007年8月 京都府山城区商工会 マーケティング戦略・戦術
・2008年7月 マーケティング研究協会 マーケティング戦略・戦術
・2008年10月 マーケティング研究協会 マーケティング戦略・戦術
・2009年3月 マーケティング研究協会 売れるアイディア発想法
・2009年9月 マーケティング研究協会 マーケティング戦略・戦術
・2010年3月 マーケティング研究協会
 売れるアイディア発想法
・2010年9月 マーケティング研究協会 マーケティング戦略・戦術
・2010年10月 鹿児島商工会議所 中小企業のための経営戦略


企業研修につきましてはこちらのページへどうぞ。



●お勧め商品

▼「お客様に選ばれる」経営戦略がわかる・作れるCD

経営戦略 虎の巻CD

経営戦略の作り方がわかる! CD7枚と記入シートで「お客様に選ばれる会社」になろう!
佐藤義典著

CD7枚組と記入シート付き!  詳細はこちら

▼佐藤義典の最新刊!

売れる数字〜組織を動かすマーケティング

売上を上げろというと売上が減るのはなぜ? 組織全体で売上を上げる「戦略指標と勝利の方程式」ついに完成!
佐藤義典著

詳細はこちら
アマゾンはこちら

 

●S&T代表の著作

マーケ基礎を物語で

超わかるマーケティングの基本書。たった4つの理論と小説でマーケティングを解説。
佐藤義典著
ドリルを売るには穴を売れ

詳細はこちら
アマゾンはこちら

戦略理論を実戦的に

増刷を重ねるマーケティング戦略のベストセラー。戦略の基本理論を平易に解説。
佐藤義典著
図解 実戦マーケティング戦略


詳細はこちら
アマゾンはこちら

戦略理論を物語で

戦略を作り、それを「仕組み」に落とし込む方法が読みやすい物語でwかる
佐藤義典著
売れる会社のすごい仕組み


詳細はこちら
アマゾンはこちら

経営戦略論の実戦ガイド

経営戦略を経営者の手に! 実戦できる経営戦略論の手引き書
佐藤義典著
経営戦略立案シナリオ


詳細はこちら
アマゾンはこちら

戦略のチェックリスト

99のチェックポイントが戦略〜実行までを完全網羅。マーケターの必携バイブル
佐藤義典著
マーケティング戦略実行チェック99


詳細はこちら
アマゾンはこちら

戦略理論を物語で

マーケティング戦略と人生戦略を楽しい物語で!
佐藤義典著
白いネコは何をくれた?


詳細はこちら
アマゾンはこちら

実戦マーケティング思考

マーケティングの発想と思考ノウハウの決定版
佐藤義典著
詳細はこちら
アマゾンはこちら

ことわざでわかるマーケ本

温故知新のマーケティング戦略書
佐藤義典著
ことわざで鍛えるマーケティング脳




詳細はこちら
アマゾンはこちら

●社長のメルマガ

2万人が購読する無料マーケティングメルマガ、売れたま!

週2回の訓練でマーケティング脳をパワーアップ!

購読メールアドレス↓

メルマガ詳細・解除・規約

実戦的なマーケティングコンサルティングと社員力を高める社員研修
ストラテジー&タクティクス株式会社
 (C)S&T 禁無断転載